左義長祭

 小正月の15日に

古いお札やお守り

正月の飾り物(破魔矢・鏑矢・注連縄・門松)や書初め等をおはらいして焚きあげ

一年の無病息災をお祈りする儀式です

ところで正月飾りはいつまで飾っておくのでしょうか?

左義長祭(さぎちょうさい)

金澤では一般家庭では1月7日まで

お商売をされているお店では15日までというところが多いようです

7日を松の内 15日を小正月といい

その日に合わせて左義長が行われるそうです

地域によっては20日までが小正月という地域もあるそうです

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya001

shrine002

shrine003

shrine004

shrine005

shrine006

shrine007

shrine008

shrine009

shrine010

shrine011

 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい

 

広告

復活窪市(久保市乙剣宮)

金澤市にある神社

久保市乙剣宮では8月26日土曜日

復活窪市が開催される

久保市乙剣宮は泉鏡花ゆかりの神社とも言われ

門前にはかつて市場が多くあったそうです

そのために『商売繁盛』『発展の神様』として崇められています

今年で7回目となるイベントです 是非ご参加してみてはいかがでしょうか?

 

金沢経済新聞

 

お問い合わせは お電話(076-229-7744)か

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya1

shrine002

shrine003

shrine004

shrine005

shrine006

shrine007

shrine008

shrine009

shrine010

shrine011

 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問わせ

七夕(たなばた) 実は神社と深いかかわりがあったのです

日本人なら小さい頃から親しみのある

 7月の行事といえば本日七夕ですね

笹の葉に願い事を書くという行事

実は

日本には古くから棚機(たなばた)と呼ばれる神事がありました

乙女が着物を織って棚に供えて神様を持て成し

秋の豊作や人びとの罪穢れを祓う行事です

この乙女は棚機女(たなばたつめ)と呼ばれます

棚機女は清らかな川の側に小屋を建て

棚機(たなばた)と呼ばれる織機を用います

現在「七夕」を「たなばた」と読むのはここから来ているそうです

織姫と彦星の話が有名ですが どうやってそこと七夕(棚機)が繋がるのか

それは・・・大野湊神社 ブログ でご確認ください

なるほど!となるでしょう

 

 

質問・お問い合わせは お電話(076-229-7744)か

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya1

shrine002

shrine003

shrine004

shrine005

shrine006

shrine007

shrine008

shrine009

shrine010

shrine011

 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さいわせ下さい

 

 

夏越大祓(茅の輪くぐり神事)(ナゴシノオオハラエ)

正月からの半年の間の罪や心身の穢れを祓い清めて

本来の姿に戻るための「大祓」が

金沢市内・石川県内各地の神社で行われました

人の形をした紙を撫で

古歌を唱えて

茅の輪を3回くぐって参拝します

この時期は病気も蔓延しやすい時季だったそうで

まだ医療が発展していなかったころから続く

 無病息災を願う神事です

 

『白山比咩神社』では茅の輪は7月2日(日)まで設置されました

『金澤神社』や『尾山神社』 『宇多須神社』 金沢市大野の『大野湊神社』羽咋の『氣多大社』など

能登、金沢、加賀の主要な神社で夕刻

「茅の輪くぐり」の祭典が行われました

祭典に参加することで残りの下半期も気持ちを新たに頑張れそうですね

 

 

質問・お問い合わせは お電話(076-229-7744)か

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya1

shrine002

shrine003

shrine004

shrine005

shrine006

shrine007

shrine008

shrine009

shrine010

shrine011

 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さいわせ下さい

 

 

湯立神楽

本年も6月4日に

長谷部神社にて 「菖蒲湯祭」にて

年に一度の湯立神楽が奉納されたそうです

この祭典は

一年の無病息災を祈り

源泉を巫女により振りまかれる行事

毎年の恒例行事ですが

古式ゆかしいこの行事

夏の風物詩です

(北國新聞2017/6/5 付 より引用)

山中温泉では昭和40年代頃までは各家のお風呂は無い家が多く

総湯「菊乃湯」という共同浴場で温泉に入る習慣があったそうです

菖蒲湯に入るのは総湯

お祓いを受けた菖蒲は家の前に下げるのが習慣となっています

 

 

質問・お問い合わせは お電話(076-229-7744)か

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

 

http://jinjya.co/shrine/shrine_001.html

http://jinjya.co/shrine/shrine_002.html

http://jinjya.co/shrine/shrine_003.html

http://jinjya.co/shrine/shrine_004.html

http://jinjya.co/shrine/shrine_005.html

http://jinjya.co/shrine/shrine_006.html

http://jinjya.co/shrine/shrine_007.html

http://jinjya.co/shrine/shrine_008.html

http://jinjya.co/shrine/shrine_009.html

http://jinjya.co/shrine/shrine_010.html

http://jinjya.co/shrine/shrine_011.html

 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さいわせ下さい

 

節分

ttp://jinjya.co/about.html  https://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

本日2月3日は節分ですね

最近ではすっかり定着した恵方巻ですが

一昔前は豆まきが一般的ではなかったでしょうか?

 

%e7%af%80%e5%88%86%e3%80%80%e5%ae%87%e5%a4%9a%e9%a0%88%e7%a5%9e%e7%a4%be

東茶屋街よりほど近い宇多須神社では 毎年の恒例行事として芸者さんによる豆まきがおこなわれています

豆まきの由来は これは中国の習俗が伝わったものとされています

豆は「魔滅(まめ)」に通じ 無病息災を祈る意味があります

昔 京都の鞍馬に鬼が出たとき 毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ 鬼を退治できたという話が残っており

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです

豆まきは一般的に 一家の主人あるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくものとされていますが

家庭によっては家族全員で というところも多いようです

家族は自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています

ただ 豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません

なぜなら 生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです

「炒る」は「射る」にも通じ また、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで 鬼を封じ込めるという意味があります

豆を人間が食べてしまうことにより 鬼を退治した ということになるわけです

 

ご質問・お問い合わせは お電話(076-229-7744)か

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

住所】 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日

ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート

※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい

鵜様お告げ

ht20161217401_1main-jpg

鵜の動きで新年を占う 国重要無形民俗文化財「鵜(う)祭(まつり)」が16日未明 羽咋市の気多大社で営まれました

本年は 鵜様(うさま)が「案(あん)」と呼ばれる台に 勢いよく飛び乗る動いたそうで

「景気が上向く良い年になる」とのお告げが出され 住民ら約50人が明るい新年を期待しました

気忙しい師走に冬の荒波に強い北風が吹きすさぶ 日本海ならではの慣例行事です

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分

ブライダルインフォメーションリトルハート

※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します
結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります
当日の進行につきましてもご相談可能ですので
是非お問い合わせ下さい

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇