変わらない風景

7月5日 火曜日

ブログは土曜日と日曜日婚礼のお打合せや準備が

立て込むためにお休みしていますので

スタッフは何をしているのか?ということも

今日はお伝えしたいと思います

 

いつもお世話になっています

宇多須神社さんに

お伺いすると

立派な茅の輪がありました

https://i2.wp.com/blogimg.goo.ne.jp/user_image/52/8d/05e00f54f96582683911572b865b8e3a.jpg

いつも飾られた姿しか見ていませんでしたが

どなたかの力添えで

このような祭ごとができているいるんですね

感謝しながらくぐらせていただきました

 

e9b3a5e5b185

このお二人も結婚式を挙げられました

2年前の今日

ここで結婚式を挙げました

 

もう2年も経つんですねぇ

早いものです

 

ずっと変わらない風景

 

感謝しながら

本年も恩恵を得たいと思います

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

 

 

茅(ち)の輪くぐり

6月17日 金曜日

全国的にみられる

この時期の神社の風物詩といえば

茅(ち)の輪くぐり

 

正月から半年間のケガレを祓い、残り半年の無病息災を祈願するという意味があります

 

石川県の神社でも

ほとんどの神社で

見ることが出来ます

chigaya

茅(ちがや)を束ねて大きな輪としたところから

その名がついたそうですが

現在では 芦(あし)や藁(わら)を使う神社も多いそうです

 

宇多須神社 金澤神社 神明宮 石浦神社 大野湊神社 白山さん 尾山神社

くぐり方はこちらをどうぞ

http://hakonejinja.or.jp/02-contents/02-main/09-gokitou/03-gokitou-contents/01-gokitou-main-contents/01tinowano-kugurikata.html

 

~その由来をお話ししますと~

むかしむかし

ヤマタノオロチを倒した素盞鳴尊(すさのおのみこと)が

南海の神の娘と結婚するために

南海で旅をしている途中 

蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来 (こたんしょうらい)という兄弟のところで宿を求めたところ

弟の巨旦将来は裕福であったにもかかわらず宿泊を拒んだのに対し

兄の蘇民将来は貧しいながらも喜んで厚くもてなしました

その数年後 

再び蘇民将来のもとを訪ねた素盞鳴尊は

「もし悪い病気が流行ることがあった時には、茅で輪を作り腰につければ病気にかからない」と教えられました

そして疫病が流行したときに

巨旦将来の家族は病に倒れましたが

蘇民将来とその家族は茅の輪で助かったというのです

この言い伝えから「蘇民将来」と書いた紙を

門にはっておくと災いを免れるという信仰が生まれました

茅の輪も

当初は伝説のとおり小さなものを腰に付けるというものでしたが

しだいに大きくなって江戸時代初期になり

大きな茅の輪をくぐって罪や災いと取り除くという神事になったのです

奈良時代に編集された備後の国風土記(びんごのくにふどき)より

基本的に6月30日に行われ、夏越の祓(なごしのはらえ)と言われています

お近くの神社に訪れて

半年間の無病息災を願いましょう

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

はじかみ大祭

6月15日 水曜日

本日は晴れている金沢ですが

午後からは曇りまたはときどき小雨が降るなんて予報もあります

午後からお出かけの方は傘の準備が必要になるかもしれませんね

20130617%20hagio04-thumb-250x333 syuugou yjimageINVPEUIW

(インターネットより)

 

さて本日6月15日は生姜の日

その由来はというと

時代は奈良時代にさかのぼります

加賀国(現在の石川県金沢市北部)で数ヶ月間降雨がなく 

草木はことごとく枯れ 

人にいたっても多くが渇死するという事態が起こりました

 国造(くにのみやつこ)が雨乞いをするため

「波自加弥(はじかみ)神社」に社参し 

身を清め断食して祈願すること37日目の満願の日

近くの谷よりこんこんと霊水が湧き出ていました

 人々はその神恩に報いるために供え物を求めましたが

めぼしいものがなく困っていたところ

たまたま旱天下にも自生する生姜があったので

これを献じて感謝の祭りを行いました

この日が6月15日であったことに由来しています

(永谷園ホームページより)

 

金沢市にある日本で唯一「香辛料」の神

生姜の古名「薑(はじかみ)」を称する 

金沢市二日市町・花園八幡町入会地に鎮座する「波自加弥(はじかみ)神社」(718年創建)で

毎年6月15日に行われています

県内外から生姜を扱う生産者・業者が自社製品を献納の上

参詣に集まり、社業の発展などを祈願する大祭です

平成13年(2001年)には1300年の式年大祭を迎えたという歴史ある大祭です 

 

本日は晴天

全国的にも珍しい生姜を祀った神社

お時間のある方は

是非訪れてみてくださいね

 

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

金澤神社の天井画

6月9日 木曜日

久しぶりの雨の朝を迎えた金澤です

 

しっとりと雨が降りましたが

イギリスでは1年のほとんどがこんな日だそうで

歌手の方は喉に良いことから

好んで行かれる方もいらっしゃるとか

 

1933(昭和8)年の 本日6月9日の今日は

イギリス・スコットランドのネス湖に巨大な怪獣が棲むという記事が写真とともに新聞に掲載されました

この怪獣はネス湖にちなんでネッシーと名付けられました

今まで大がかりなソナー探索が何度も行われ、「謎の物体」の水中写真が撮影されています

 

日本では

想像上の生物と言われる「龍」ですが

神社・仏閣にも多くと入れられています

魔除けやシンボルといったような意味合いらしいです

0508_0168

災難を払ってくれる龍

銀箔に描かれた 顔は黒豹がモチーフ

 金沢出身の金沢美術工芸大学卒業の日本画家さんの作品です

 

初代藩主前田利家公傾奇者であったことから

現前田家の当主に許可を得て

導入した作品だそうです

 

モダンと歴史が融合した

とても迫力のある作品です

 

7月9日には

金澤神社天音天舞奉納茶会が開かれるようです

ご興味のある方は是非

ご覧ください

https://www.facebook.com/events/2036838516541362/

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

 

 

 

 

金沢百万石まつりはじまる

6月3日 金曜日

本日から3日間にわたり行われる

金沢百万石まつり

明日は交通規制をされるために

ご来店の際にはご注意下さいませ

 

初代藩主 前田利家公を祭っての催事

北陸新幹線開業後1周年を迎えたばかりの金沢

まだまだ話題の金沢だけに

明日はたくさんの人で賑わいそうですね

 

前田利家公を祭った神社と

金沢城前での前撮りの風景をご覧いただきましょう

0508_0004 0503_0059

torii 0508_0099

本日はお水取りの儀をされています

金澤神社より

1011_0256-300x200

尾山神社では

祈願祭・献茶会が行われますね

お二人は参進をされて拝殿に向かわれました

 

そして

金沢城は桜の名所

春にはこんなに素敵な写真が撮れます

0413_0008-300x200 CA3OVNIX2

この時を狙って毎年調整するのですが

満開の時期に合わせてスケジューリングするのが

至難の業

長年の勘が光ります

 

1014_0028 1014_0061 1014_0087 1108_0267

利家公のプライベート神社ともいわれる

宇多須神社

もともとは卯辰山にあったそうですが

現在の位置に置かれてからは

東茶屋街とともに金澤の名所となっています

 

秋のご婚礼を承るシーズンに入ってきました

今年はミシュランガイドが発表になり

料亭・旅館さんが尚一層取りづらい状況になることが

予想されます

是非お早めにご予約されることをお勧めいたします

 

金澤神社婚では

ご相談が無料です

ご利用なさるかどうかはお客様でお決めいただけますので

先ずはお話しお伺いさせてください

 

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

新しくご案内できる神社が増えました

4月22日(金)

本日も雨の朝を迎えました金沢です

明日は婚礼のお手伝いをさせて頂きます

どうか晴れますように・・・

 

さて金澤神社婚では11社の神社を

インターネット上で掲載していますが

石川県内には結婚式が行える神社が

沢山あります

その中の1社を新たにご案内致します

 

拝殿 この奥の本殿が小松市指定文化財

 莵橋神社は「お旅まつり」で有名な神社で 地元の人からは「お諏訪さん」と呼ばれて親しまれています
 お旅まつりは 毎年5月に開催される春祭りで 350年以上の歴史を持ちます

 祭り期間中神社参道に露店が300軒以上ならび、全国各地からの参拝者で賑わっています

 毎年8月26~28日には秋祭りの「西瓜まつり」が開催されます

 西瓜まつりと言っても、西瓜を売るための祭りではなく 本来は「水火祭(すいか まつり)」で 風水害、大火除けを祈願するものだったそうです

  西瓜まつりの当日(旧暦7月27日)に、あの松尾芭蕉一行も立ち寄っていたそうで 「しほらしき 名や小松ふく 萩すすき」の句碑が神社入り口の脇に残されています

 鳥居をくぐり境内を進むと 社殿の屋根の向こう側に 数百年を数える「牛若松」という老松があり 昔はもう一本あり これを「弁慶松」と呼ばれていたそうです
 
 歴史ある大きなお祭りが行われてきた莵橋神社だが、その創建は古く、慶雲元年(702年)とも、それ以前とも伝えられている。昔から全国有力神社の中の一つに数えられ崇敬されていた神社で、823年に加賀国ができたとき、その中心に鎮座していたそうです
 江戸時代には前田家からの崇敬が篤く 小松城・金沢城両城の鎮護社と崇められるなど 広く加賀国の人々の守護神として大切にされ 本殿と神輿は 小松市の文化財に指定されている神社です

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

白山神社(山中温泉)~春の陣~

4月1日(金)

今日から新年度ですね

昨日は旧部署で感謝の気持ちを述べた方もいらっしゃるのではないでしょうか

対して今日からは新しい部署で心機一転という方もいらっしゃることでしょう

歓迎会といえば桜ですよね

桜の開花が全国的に報道されていますが

石川県でも沢山の場所でほぼ7分咲き

昨日訪れた白山神社(山中温泉)も少し咲いていました

e799bde5b1b1e7a59ee7a4beefbc92e38080efbd9ee5b1b1e4b8ade6b8a9e6b389efbd9e

e799bde5b1b1e7a59ee7a4beefbc88e698a5efbc89efbd9ee5b1b1e4b8ade6b8a9e6b389efbd9e

金澤神社婚では金沢市内のお手伝いせていただける神社

10社と白山比咩神社を合わせて11社の神社を

ご紹介させて頂いていますが

地元で挙げたいという方のご要望をお聴き致します

 

白山神社は今回で2回目のお手伝い

春の挙式は初めてですが

予定ではこんな風に綺麗な桜が

参道を彩る予定です

 

こんなに綺麗な参道なら

参進をするときも本当に花婿花嫁が引き立ちますよね

地元の方にお聴きすると

結婚式を挙げるという新郎新婦は少ないということですが

是非沢山の方にこの魅力を伝えられたら

幸いに思いますね

 

挙式は来週です

当日の模様はこちらでもご案内致しますので

是非お楽しみなさってください

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 0:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

神社には3つの橋があるのをご存知ですか?

3月30日(水)

神社へ参拝することが多い方は

ご存知かもしれませんが

実は神社の多くは3つの橋があります

4

橋?と思われる方もいらっしゃると思いますが

階段ですね

太鼓橋といいまして円形のカタチをした橋を

本殿(神様がいらっしゃる場所)と拝殿の間に架けている神社が多いですが

本来はないものでした

金沢にある古社でも

一般参拝が許される以前は

本殿は単独で存在するものでした

 

昨日訪れた金沢神社の宮司から

お話頂いた内容によりますと

3つの橋は過去・現在・未来を表し

未来永劫続いていく道の途中に私たちはいるらしいのです

 

福岡の太宰府天満宮は

学問の神様として有名な菅原道真公を祭った神社ですが

三世一身という仏教の教えをとりいれ

参拝者の身を清めるそうです

 

前田家の祖先である菅原道真公を祭った

太宰府天満宮の流れをくんでいるのだそうです

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 0:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あぶりもち神事

10月16日(金)

実りの秋を迎えています

栗・柿・芋など秋の味覚も増えてきていますね

その秋の実りを神様に感謝し 繁栄を祈願する「あぶりもち神事」が今週末行われます

 

あぶりもち神事とは

御幣形(お祓いの用具)に串刺しにしたものを

「食べる」お守りと「家守」お守りにして

無病息災を祈る神事です

 

神明宮の境内で毎年恒例の神事として有名ですが

その理由としては全国で唯一つの悪事災難厄除伝統神事だからでしょう

古来より「祓宮(はらいのみや)」と言われて

春と秋に大祭は三百年以上続く伝統特殊神事です

あぶりもち神事

由来は加賀藩二代藩主・前田利長が春秋両度の祭礼を厄除神事として奨励したことに起源するそうです

御祭神のご利益を広く民衆に広める手立てとして

祭毎に供える餅を御幣形(お祓いの用具)に串刺しにしたものを飾って

「家守り(いえまもり)」とする一方で

聖火にあぶったものを食して身体の災厄を免れる信仰として

自ら範を示したことが起源とされています(神明宮ホームページより)

 

神明宮の境内には大ケヤキがあり

中原中也の詩「サーカス」は、幼年期にこの神社の境内で見たサーカスを書いたものだそうで

また 室生犀星の生家に近く 詩人に縁のある神社でもあります

 

是非この週末訪れてみてはいかがでしょうか?

勿論結婚式も行っています

ご興味のある方はご連絡下さいませ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分

ブライダルインフォメーションリトルハート

※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します
結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります
当日の進行につきましてもご相談可能ですので
是非お問い合わせ下さい

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

神社行事と結婚式

9月17日(木)

9月に入って一気に気温が下がってきています

本日の金澤もぽつぽつと昼ごろから雨が落ちて

一時期は豪雨になりました

週末は晴れるようで長期の連休の方はお出かけ日和になりそうですね

 

9月の神社の行事といえば

七五三

その文字の通り 7歳 5歳 3歳に神社で祈祷をしてもらい

お祝いをするという行事ですが

形式だけが残り最近では写真だけでお済ませになる方も多いようです

 

元来 昔は今ほど出生率が高くなく

成人になる確率も低かったために

7歳までは神の子として扱い

7歳以降は地域社会の一員として認められたことに由来しているようです

 

新郎新婦の二人にとっての

一番最初の行事は結婚式で

その次はお子様の七五三

なんだかとってもつながりがあって素敵ですね

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分

ブライダルインフォメーションリトルハート

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇