結納というカタチ

土曜日の朝

旅番組で金澤に旅行するという企画でしたが

水引の津田さんが出ていました

 

加賀水引津田

 

亀のカタチに水引を織り込んでいくという映像が流れていましたが

改めてみるととても芸の細かい

かつ

洗練された素晴らしい技術

金澤の文化が深いことがわかります

 

さて

そのなかで結納をまだしているところが多く

というアナウンスがあったのですが

聴き違いだったかもしれませんが

結納はすたれたのものなのでしょうか?

(聴き違いでしたらすみません)

 

確かに

略式の結婚式をする方が多い時代です

東京や大阪を中心に

結納をされない方が多くなってきているのも事実ですが

本来は結納をするべきです

 

結納は

結納をすることで

いきなり当日ご両家のご両親さまが

顔を合わせるといったことがないように

予め日取りや場所を決める

大切な日です

 

略式の結納という名目で

お食事をされる方も多いですが

基本的には相手方のお宅に

結納品をもっていくのが

基本です

 

詳しくお聞きになりたい方は

一度ご連絡ください

 

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya001  shrine002  shrine003  shrine004  shrine005  shrine006  shrine007  shrine008  shrine009  shrine010  shrine011 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中