茅の輪くぐり

正月から半年間のケガレを祓い、残り半年の無病息災を祈願するという意味があります

 

石川県の神社でも

ほとんどの神社で

見ることが出来ます

chigaya

茅(ちがや)を束ねて大きな輪としたところから

その名がついたそうですが

現在では 芦(あし)や藁(わら)を使う神社も多いそうです

 

くぐり方はこちらをどうぞ

茅の輪くぐり

 

~その由来をお話ししますと~

むかしむかし

ヤマタノオロチを倒した素盞鳴尊(すさのおのみこと)が

南海の神の娘と結婚するために

南海で旅をしている途中 

蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来 (こたんしょうらい)という兄弟のところで宿を求めたところ

弟の巨旦将来は裕福であったにもかかわらず宿泊を拒んだのに対し

兄の蘇民将来は貧しいながらも喜んで厚くもてなしました

その数年後 

再び蘇民将来のもとを訪ねた素盞鳴尊は

「もし悪い病気が流行ることがあった時には、茅で輪を作り腰につければ病気にかからない」と教えられました

そして疫病が流行したときに

巨旦将来の家族は病に倒れましたが

蘇民将来とその家族は茅の輪で助かったというのです

この言い伝えから「蘇民将来」と書いた紙を

門にはっておくと災いを免れるという信仰が生まれました

茅の輪も

当初は伝説のとおり小さなものを腰に付けるというものでしたが

しだいに大きくなって江戸時代初期になり

大きな茅の輪をくぐって罪や災いと取り除くという神事になったのです

 

奈良時代に編集された備後の国風土記(びんごのくにふどき)より

基本的に6月30日に行われ、夏越の祓(なごしのはらえ)と言われています

お近くの神社に訪れて

半年間の無病息災を願いましょう

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya001  shrine002  shrine003  shrine004  shrine005  shrine006  shrine007  shrine008  shrine009  shrine010  shrine011 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい