2018年度上半期アーカイブス

今年も半年が過ぎようとしています

沢山のご新郎ご新婦のお手伝いをさせていただいたので

今日はアーカイブス特集としまして

一挙に公開させていただきます

 

春先

まだ淡い色の緑の隙間から

芽吹きつつある3月

 

今年の開花は早かったですねー

満開

お二人の笑顔も満開です

 

少しすると

少し落ち着きましたが

このほうがお二人が引き立ちます

青空が眩しい☆彡

快晴でした

 

新緑の季節を迎えます

花々が一気に緑濃く

 

沢山の方々に

祝福をされながら道中を仲良く歩くお二人

 

季節は移ろぎ下半期

これからまたたくさんのお客様とお打ち合わせさせていただき

そして

目出度き日をお迎えになります

 

どんなドラマが展開されるのか

今から楽しみです♪

 

他にもたくさんのお写真

いただきましたが

お載せできるのが制限があり大変残念です

実際にはサロンにご覧になりに来てくださいね

お待ちしております

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya001  shrine002  shrine003  shrine004  shrine005  shrine006  shrine007  shrine008  shrine009  shrine010  shrine011 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい

 

 

広告

オーガンジー打掛

最近の披露宴や結婚式の花嫁衣装として

人気急上昇中の「オーガンジー打掛」

オーガンジー打掛とは

うっすらと透けるオーガンジーやチュールの素材を使って作られた打掛のことを言います

 

オーガンジー打掛ってなに?おしゃれな新和装の特徴をご紹介

梅雨の時期にはぴったりの

涼しげで爽快な感じが

とてもさわやかです

 

少し前までは

季節を問わず色打掛の重厚感を

色や柄で楽しんでいました

 

洋装のドレスで使われる素材を用いているため

和装なのに洋風の印象もあり

エレガントに決まると注目されています

「人とは違う新鮮な花嫁衣装を着たい!」という方は必見です

 

「和装に合うの?」と思われるかもしれませんが

オーガンジー素材のフワフワと優雅に揺れる様は

まるで昔話に出てくる天女の羽衣のよう

 

掛下の色がうっすらと透けて見えるのも奥ゆかしく

まさに「新和装」と呼ぶにふさわしい上品さと華やかさを兼ね備えているのです

 

元は洋装に使用されている素材ですから

和装と言っても洋風の雰囲気もあるのが魅力です

 

神前式や和装婚は格式が高く

大人な雰囲気が魅力です

最近ではウエディングドレスでも大丈夫な神社もおおいですが

やはり

格式は守りたい

 

もう少しカジュアルで且つ格式を保った正装

ありそうでなかったスタイルです

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya001  shrine002  shrine003  shrine004  shrine005  shrine006  shrine007  shrine008  shrine009  shrine010  shrine011 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい

 

 

御贄講(みにえこう)大祭

6月9日には

御贄講(みにえこう)大祭が行われました

漁業関係者が白山の神に海上安全・大漁を祈願する祭りです

長和5年(1016)から始まったと伝わり

神前に大鯛や海の幸が供えられ

「大漁神楽」や漁業協同組合有志による祝歌「御酒(ごんしゅう)」が奉納されます

御贄講大祭(みにえこうたいさい)

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya001  shrine002  shrine003  shrine004  shrine005  shrine006  shrine007  shrine008  shrine009  shrine010  shrine011 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい

 

 

お見積もりのミカタ

雨が降りやすき季節

屋内で過ごすことが多くなる季節ですね

 

ジューンブライドの結婚式を横目に

結婚式をお考えの方はそろそろどこの結婚式場にしようか

決めなきゃなぁと思われている頃でしょうか?

 

さていざ結婚式に臨むとなると

一番気になるところはなんでしょうか?

正直なところ

女性と男性では違うことが多く

雰囲気や料理といった回答をされるのが女性

金額といわれるのは男性

が多いように思います

 

夢と現実というような感じがしますが

両方大切なことですし

安いからといって

愉しみを犠牲にするようでは

本末転倒です

 

たくさんのゲストの笑顔や

とてもきれいな花嫁姿

幸せなお二人が目に浮かぶようです

そこにたどり着くまでには

たくさんのハードルがあるのが

結婚式なのも現実

 

満足いくこととはどんなことなのか

一体幾ら結婚式にはかかるのか

かけずとも良い部分はなるべく節約して

かけるところで盛大に楽しみたい

 

そこで見積もりが目安になりますよね

 

ここからが

私どもでさせていただくお打ち合わせを

少しご紹介

 

変わっているのが

 

先ず カウンセリングを行い

お二人がしたいことをお聴きします

 

その結果をもとに見積もりを作成し

ご案内とご提案を添えて内容を説明致します

 

ご参考までに

過去のブログから

2015/6/3見積もりを味方につけよう

 

小さいお店です

ここが小回りが利いていいという方は

お気に召していただけるのではないでしょうか?

 

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya001  shrine002  shrine003  shrine004  shrine005  shrine006  shrine007  shrine008  shrine009  shrine010  shrine011 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい

 

ご参列の皆様に喜ばれるギフト

プチギフトといって

お開きになったご披露宴ののち

ゲストの皆様をお見送りの際にお渡しする

手土産

カタログからお選びいただいてもいいですが

せっかく金澤に来ていただいているのならば

金澤の銘菓をお選びいただいてはいかがでしょうか?

甘納豆かわむら「大浜だいず」(300円)

外食文化研究家 雅珠香

 

うら田(麦笛、愛香菓など詰め合わせセット)

外食文化研究家 雅珠香

 

中田屋「きんつば」

外食文化研究家 雅珠香

 

俵屋「じろあめ」

外食文化研究家 雅珠香
こちらも金沢土産では定番。ドラマ「半沢直樹」にチラッと登場した際に、全国的にぐぐぐーんと認知度が上がった商品でもあります

落雁 諸江屋「塩どら焼き」

外食文化研究家 雅珠香

森八「宝達」

外食文化研究家 雅珠香

まめや金澤萬久「みたらし豆」

外食文化研究家 雅珠香

いろいろありますがどれも美味しいことで有名です

どれもとても目出度いかわいらしいものばかりです

実際に見ていただいて

愉しみながらお選びくださいね

 

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya001  shrine002  shrine003  shrine004  shrine005  shrine006  shrine007  shrine008  shrine009  shrine010  shrine011 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい

 

今年の夏至は少し早い?

よみかたは 「げし」 ですが

昨年は22日でした

毎年同じ日に夏至が来るとは限らず

一日の日の出から日没までの時間が最も長い日です

 

 

この日に食べるものは?

 

特に無いようですが

関西ではたこ

関東では小麦を焼いたものを食べるそうです

北陸の場合 福井の一部で鯖を食べる習慣があったり

するそうです

 

この時季の花といえば紫陽花や菖蒲というのが

定番ですが 季節の花を会場に彩るのも

四季を感じられる日本ならではの装飾ではないでしょうか?

 

花のコーディネートをする際に

候補に挙げてみるのもいいのではないでしょうか^^

 

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya001  shrine002  shrine003  shrine004  shrine005  shrine006  shrine007  shrine008  shrine009  shrine010  shrine011 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい

 

 

 

茅の輪くぐり

正月から半年間のケガレを祓い、残り半年の無病息災を祈願するという意味があります

 

石川県の神社でも

ほとんどの神社で

見ることが出来ます

chigaya

茅(ちがや)を束ねて大きな輪としたところから

その名がついたそうですが

現在では 芦(あし)や藁(わら)を使う神社も多いそうです

 

くぐり方はこちらをどうぞ

茅の輪くぐり

 

~その由来をお話ししますと~

むかしむかし

ヤマタノオロチを倒した素盞鳴尊(すさのおのみこと)が

南海の神の娘と結婚するために

南海で旅をしている途中 

蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来 (こたんしょうらい)という兄弟のところで宿を求めたところ

弟の巨旦将来は裕福であったにもかかわらず宿泊を拒んだのに対し

兄の蘇民将来は貧しいながらも喜んで厚くもてなしました

その数年後 

再び蘇民将来のもとを訪ねた素盞鳴尊は

「もし悪い病気が流行ることがあった時には、茅で輪を作り腰につければ病気にかからない」と教えられました

そして疫病が流行したときに

巨旦将来の家族は病に倒れましたが

蘇民将来とその家族は茅の輪で助かったというのです

この言い伝えから「蘇民将来」と書いた紙を

門にはっておくと災いを免れるという信仰が生まれました

茅の輪も

当初は伝説のとおり小さなものを腰に付けるというものでしたが

しだいに大きくなって江戸時代初期になり

大きな茅の輪をくぐって罪や災いと取り除くという神事になったのです

 

奈良時代に編集された備後の国風土記(びんごのくにふどき)より

基本的に6月30日に行われ、夏越の祓(なごしのはらえ)と言われています

お近くの神社に訪れて

半年間の無病息災を願いましょう

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya001  shrine002  shrine003  shrine004  shrine005  shrine006  shrine007  shrine008  shrine009  shrine010  shrine011 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい