氷室饅頭

江戸時代から続く慣例行事です

毎年7月1日に緑・赤・白の万頭を食べるという行事の由来は

加賀藩主 前田利家公が氷室の雪氷を幕府に献上する際に

道中の無事を願って神社に神社に供えた饅頭が氷室饅頭の由来といわれています

 

基本的には色子も白・赤・緑と決まっているようです

それぞれ 白色は太陽 緑(あお)は新緑 赤(薄桃色)は花を表しているとのことです

写真は 金澤銘菓『芝舟』で有名な『芝舟小出』さんの氷室饅頭ですが

 お店によっては 皮の色ごとに餡も変えるところもあるようです

 

当初の氷室饅頭は麦饅頭だったそうですが 現在の氷室饅頭は酒饅頭となっています

 

金沢の和菓子屋の店頭には氷室饅頭がならぶと
「今年も夏がきた」と実感する方も多いのではないでしょうか?

氷室饅頭は 元々 嫁の実家から嫁ぎ先へ贈られるという慣習があったそうですが
娘の嫁ぎ先や、家族、知人 日頃お世話になっているかたへの贈り物として変わりつつあるそうです

質問・お問い合わせは お電話(076-229-7744)か

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

jinnya1

shrine002

shrine003

shrine004

shrine005

shrine006

shrine007

shrine008

shrine009

shrine010

shrine011

 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さいわせ下さい