節分

ttp://jinjya.co/about.html  https://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

本日2月3日は節分ですね

最近ではすっかり定着した恵方巻ですが

一昔前は豆まきが一般的ではなかったでしょうか?

 

%e7%af%80%e5%88%86%e3%80%80%e5%ae%87%e5%a4%9a%e9%a0%88%e7%a5%9e%e7%a4%be

東茶屋街よりほど近い宇多須神社では 毎年の恒例行事として芸者さんによる豆まきがおこなわれています

豆まきの由来は これは中国の習俗が伝わったものとされています

豆は「魔滅(まめ)」に通じ 無病息災を祈る意味があります

昔 京都の鞍馬に鬼が出たとき 毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ 鬼を退治できたという話が残っており

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです

豆まきは一般的に 一家の主人あるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくものとされていますが

家庭によっては家族全員で というところも多いようです

家族は自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています

ただ 豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません

なぜなら 生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです

「炒る」は「射る」にも通じ また、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで 鬼を封じ込めるという意味があります

豆を人間が食べてしまうことにより 鬼を退治した ということになるわけです

 

ご質問・お問い合わせは お電話(076-229-7744)か

金澤神社婚お問合せフォームからどうぞ

住所】 金沢市本町2丁目18番31号【TEL】 076-229-7744【営業時間】 10:00~18:30完全予約制・時間外応相談【定休日】 月曜日

ブライダルサロンは金沢駅 金沢フォーラスより 徒歩5分ブライダルインフォメーションリトルハート

※金澤神社婚ではご新郎ご新婦様の結婚式をお手伝い致します 結納・両家顔合わせの会場手配 結納品手配承ります 当日の進行につきましてもご相談可能ですので是非お問い合わせ下さい