打ち合わせは犀川沿いの素敵なサロンで

6月30日 木曜日

今日で上半期が過ぎますね

ハーフタイムデーというそうです

 

梅雨に入ってじめじめになりましたが

もうすでにエアコンが大活躍になっていますでしょうか?

 

昨日も雨模様の日でしたが

ここ犀川は季節の変わり目に合わせて

浅い緑に包まれていました

4

実は打ち合わせに会場さんにお邪魔しましたが

胡蝶蘭がとっても綺麗でした

(写真の奥のほうに犀川が見えるのですが、見づらいでよね)

 

3

お二人とのお打合せは会場のプランナーさんを交えて

この日は司会者との打ち合わせもあったので

3名でお話し

少し威圧感あるかなぁと

若干の不安もありながらも

笑いや質問が沢山ある和気あいあいとした打ち合わせになりました

 

いよいよ

来月末の結婚式

こちらも身が引き締まります

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

 

 

 

 

テーマは梅雨 6月の花嫁

6月29日 水曜日

梅雨に入って人間は不快指数がとても高くなっていますが

ホタルにとっては活動時期になるようです

 

湿度が高く 蒸し暑い 夕刻から深夜にかけて

というのが一番活動しやすいそうです

 

金沢でもところどころで幻想的な光景がみられますが

もともとは鑑賞するものというよりも

何か哀愁のようなものが漂う

日本人にとっては

どこか悲しいイメージの生き物だったそうです

ゲンジホタルとヘイケホタルが日本では

よく見られる種類ですが

ゲンジは源氏 ヘイケは平家に由来するという説もあり

光具合が ゲンジホタルが強く ヘイケホタルが弱いのは

両家の末路を表しているという説もあるようです

 

今では

日本の梅雨といえばホタルというくらい

風物詩となっていますね

1

こんな場所で

結婚式がでたらとっても

綺麗ですね

 

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

福井県でもかなえられる金澤神社婚

6月28日 火曜日

先日島根県出雲大社にて

ニッチェの江上さんが挙式をされましたね

1  3

ニッチェ江上さんのブログより(http://ameblo.jp/nicche-enoue/)

 

出雲大社といえば

今もっとも人気のある神社の一つですね ご存知の方も多いかと思いますが 

 

創建は古く  

伊勢神宮と並んで最も格式の高い神社として位置付けられていますが 

北陸にも出雲大社があるのをご存知でしょうか? 

 

所在地は福井県

正確には島根県の出雲大社 分祀という形で存在しています

分祀といえども立派なしめ縄で

縄結びはニュースになるほどです 

金澤神社婚では石川県内だけではなく

福井県・富山県のお客様にもご利用いただいております 

 

こちらから出張打ち合わせもさせていただきますので 

是非ご検討下さい

 

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

 

 

 

 

 

 

御祓乃無垢

6月24日 金曜日

賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)をご存じでしょうか?

賀茂別雷大神を祀った神社で

雷(いかづち)の御神威により

厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除(やくよけ)明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されています

世界遺産に認定され

沢山の有名な神社が存在する京都でも

最も有名な神社の一つです

 

私どもの契約衣裳店では

「御祓乃無垢(おはらいのむく)」と称した白無垢を

ご提供していただいています

160608_ph01

御祓乃無垢とは友禅作家 秋山章氏 が手掛ける 本手刺繍の白無垢で

自身が持参し、神職が二人の未来、よき人々、物との縁に恵まれるよう、一枚一枚に祈りを込め、祓い清めた白無垢です

 

特別な白無垢で

どの衣裳店にでも提供されるものではなく

全国でたった7か所のお店にしか存在しません

 

その一つが石川県にあるのですが

金澤神社婚でご提供できる衣裳店が取り扱いしております

 

是非お手に取って

その清らかな衣裳をご覧ください

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

 

本日のご相談 其の61

6月23日 木曜日

本日は実際にあったご相談の内容をご紹介いたします

 

☆☆☆ 本日のご相談 其の61 ☆☆☆

「神社挙式を考えています

 10月くらいが希望なのですが 一度お話しを聞きに伺いたいです」

というご相談をいただきました

 

6月という時期で10月の結婚式

私どもにとっては

ちょうどいい打ち合わせのスタートです

 

4か月?

短くないですか?

とよく言われるのですが

初めてお会いして

最短で2週間後に結婚式をお手伝いさせていただいた経験が御座います

 

お電話でのご対応もさせていただきますが

実際にお会いしてお話しさせていただいたほうが

ご新郎ご新婦様も

安心なさるケースが多いです

 

細かいことも何なりとお聴きくださいね

というと

結構お話しくださる方もいらっしゃいます

 

やはりお顔が見えないお電話だと

これ聞いてもいいのかな?

という変な緊張感が出たりします

 

是非お越し下さいまして

ご相談おきかせくださいませ

 

もしも挙式希望の神社がありましたら

空き状況なども確認しておきます

お問合せフォームでも構いませんので

お日にちと希望神社がある場合には

是非ご記載いただければと思います

 

お問い合わせはこちらから

 

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

 

 

一年で一番太陽が出ている時間が長い日

6月22日 水曜日

 

昨日は

二十四節気の一つ

一年で最も昼が長い「夏至」でした

 

石川県内は曇りの空ですが

時折見せる晴れ間がとても暑く

夏を匂わせました

NEWS000000292401
河川敷では

ツユアオイ(梅雨葵)の別名を持つタチアオイが赤やピンクの花を咲かせていますよね

この時期の代名詞ともいえるこの花

 

この時季の花といえば紫陽花や菖蒲というのが

定番ですが 季節の花を会場に彩るのも

四季を感じられる日本ならではの装飾ではないでしょうか?

 

額紫陽花は

高砂席横にさりげなく置いたり

受付周りに置くだけで

パッと華やかな雰囲気になりますよ

 

花のコーディネートをする際に

候補に挙げてみるのもいいのではないでしょうか^^

 

私ども契約のフローリストさんは

旬の華材をご希望の花に合わせて

コーディネートできます

ご興味のある方はご相談くださいませ

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

 

本日のご相談 其の60

6月21日 火曜日

本日は実際にあったご相談の内容をご紹介いたします

☆☆☆ 本日のご相談 其の60  ☆☆☆

「神社挙式を考えています

 今年の10月と11月の空き状況はどんな様子ですか?」

というご相談をいただきました

 

秋のシーズン

今からお打合せをさせていただければ

十分間に合います

 

神社に

実際にお問合せをさせていただくと

秋は祭りのシーズン

多くの神社が祭りのために

結婚式ができないというところが

ありました

 

神社は結婚式だけでなく

祭り・お祓い・七五三など

といった行事があると

時間や時には引き受けができないといった

ご回答をいただくことがあります

 

お日柄や日時の指定がある場合は

是非お早めにお問合せだけでも

されることをお勧めいたします

 

私どもでは

代行業務を行っています

ただ代行をするだけでなく

お二人に代わって

衣裳・美容・写真などもお手配させていただきます

 

是非ご利用ください

 

お問い合わせはこちらから

 

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

 

茅(ち)の輪くぐり

6月17日 金曜日

全国的にみられる

この時期の神社の風物詩といえば

茅(ち)の輪くぐり

 

正月から半年間のケガレを祓い、残り半年の無病息災を祈願するという意味があります

 

石川県の神社でも

ほとんどの神社で

見ることが出来ます

chigaya

茅(ちがや)を束ねて大きな輪としたところから

その名がついたそうですが

現在では 芦(あし)や藁(わら)を使う神社も多いそうです

 

宇多須神社 金澤神社 神明宮 石浦神社 大野湊神社 白山さん 尾山神社

くぐり方はこちらをどうぞ

http://hakonejinja.or.jp/02-contents/02-main/09-gokitou/03-gokitou-contents/01-gokitou-main-contents/01tinowano-kugurikata.html

 

~その由来をお話ししますと~

むかしむかし

ヤマタノオロチを倒した素盞鳴尊(すさのおのみこと)が

南海の神の娘と結婚するために

南海で旅をしている途中 

蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来 (こたんしょうらい)という兄弟のところで宿を求めたところ

弟の巨旦将来は裕福であったにもかかわらず宿泊を拒んだのに対し

兄の蘇民将来は貧しいながらも喜んで厚くもてなしました

その数年後 

再び蘇民将来のもとを訪ねた素盞鳴尊は

「もし悪い病気が流行ることがあった時には、茅で輪を作り腰につければ病気にかからない」と教えられました

そして疫病が流行したときに

巨旦将来の家族は病に倒れましたが

蘇民将来とその家族は茅の輪で助かったというのです

この言い伝えから「蘇民将来」と書いた紙を

門にはっておくと災いを免れるという信仰が生まれました

茅の輪も

当初は伝説のとおり小さなものを腰に付けるというものでしたが

しだいに大きくなって江戸時代初期になり

大きな茅の輪をくぐって罪や災いと取り除くという神事になったのです

奈良時代に編集された備後の国風土記(びんごのくにふどき)より

基本的に6月30日に行われ、夏越の祓(なごしのはらえ)と言われています

お近くの神社に訪れて

半年間の無病息災を願いましょう

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

本日のご相談 其の59

6月16日 木曜日

本日は実際にあったご相談をご紹介いたします

 

☆☆☆ 本日のご相談 其の59  ☆☆☆

「神社での挙式が決まったのですが お酒とか挙式料はいつ どのように渡せばいいですか?」

というご相談をいただきました

 

神社で挙式をされる場合

事前にお酒と初穂料(挙式料)を

お納めいただくようにお願いをしています

 

お酒の銘柄指定というのはないのですが

石川県の場合

「友白髪」というお酒があるのですが

この銘柄を使われる方が多いです

 

理由は共に白髪になるまで仲良く幸せになろう

という願いを込めていることに由来します

 

どんなお酒かわからないという方は

酒屋さんに行って聞いていただければ

対応してくださると思います

 

その上にはお熨斗をかけるのですが

「奉献」もしくは「奉納」とお願いしていただいています

 

人前式の場合は

神様に奉げるという形になりますので

そのほかの文字は似つかわしくないかもしれません

(神社によっては初穂料のみの場合もあります

ご確認ください)

 

e784a1e9a18c

是非ご参考になさってください

 

お問い合わせはこちらから

 

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

はじかみ大祭

6月15日 水曜日

本日は晴れている金沢ですが

午後からは曇りまたはときどき小雨が降るなんて予報もあります

午後からお出かけの方は傘の準備が必要になるかもしれませんね

20130617%20hagio04-thumb-250x333 syuugou yjimageINVPEUIW

(インターネットより)

 

さて本日6月15日は生姜の日

その由来はというと

時代は奈良時代にさかのぼります

加賀国(現在の石川県金沢市北部)で数ヶ月間降雨がなく 

草木はことごとく枯れ 

人にいたっても多くが渇死するという事態が起こりました

 国造(くにのみやつこ)が雨乞いをするため

「波自加弥(はじかみ)神社」に社参し 

身を清め断食して祈願すること37日目の満願の日

近くの谷よりこんこんと霊水が湧き出ていました

 人々はその神恩に報いるために供え物を求めましたが

めぼしいものがなく困っていたところ

たまたま旱天下にも自生する生姜があったので

これを献じて感謝の祭りを行いました

この日が6月15日であったことに由来しています

(永谷園ホームページより)

 

金沢市にある日本で唯一「香辛料」の神

生姜の古名「薑(はじかみ)」を称する 

金沢市二日市町・花園八幡町入会地に鎮座する「波自加弥(はじかみ)神社」(718年創建)で

毎年6月15日に行われています

県内外から生姜を扱う生産者・業者が自社製品を献納の上

参詣に集まり、社業の発展などを祈願する大祭です

平成13年(2001年)には1300年の式年大祭を迎えたという歴史ある大祭です 

 

本日は晴天

全国的にも珍しい生姜を祀った神社

お時間のある方は

是非訪れてみてくださいね

 

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日