神前式の常識、ウソ・ホント 其の三:神前式衣裳はやはり白無垢?

4月15日(金)

さて神社挙式に対するイメージ其の三として今回は衣裳についてお伝えしたいと思います

「友人が参列できないのはイヤ」「カツラは頭が痛くなると親から聞いた」「やっぱりドレスが着たい!」 これ全て神社に対するイメージだそうです      

神社での挙式に憧れはあるけれど 制約が多いイメージを持っている方がおおいようですね      そこで イマドキの神社挙式事情をご紹介いたします

伝統的な式が魅力の神社でも、少しずつ状況が変わってきているようです。

 

少し前までは、挙式の正装 黒紋付・白無垢(綿帽子)が原則でした

これは神前に対して男性は黒という色が女性は白といういろが精錬潔白・汚れのない精神を意味しているからで 花嫁の綿帽子は婚姻の儀が済むまでは男性以外に顔を見られないように守るものとして必須の小物でした

 

現在では タキシード・ウエディングドレス 色紋付・色打掛などで挙式が出来るよう            自主性を重んじて頂ける神社が増えてきました

 

神前での結婚式は神聖なものですから                                       金澤神社婚では黒紋付・白無垢をプラン内でご提供させて頂いています                  これは単に神社での神前式を推奨しているだけでなく                              古来より続く神事に従ってその意向をくんで頂きたいという思いがあるからです

 

少し話は飛躍しますが 日本の婚姻数の1/4が離婚しているというデータがあります          その原因を考えると 一つには結婚式の重み・厳粛さを励行することでなんとかできないかと考えてしまします  

 

一組でも多くの方が 私どものプランにご賛同頂ければ幸いに思います

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

http://jinjya.co/about.html

facebookhttps://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

【住所】 金沢市本町2丁目18番31号
【TEL】 076-229-7744
【営業時間】 10:00~18:30
完全予約制・時間外応相談
【定休日】 月曜日

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇