東京大神宮さんへ行ってきました

ph_color[1]
東京のビル群の中に
佇んでいる 拝殿の周りはビルだらけ
東京ならではの光景です(*_*)

昔の人たちはお伊勢参りといえば 生涯をかけての願いだったそうです

そこで 本来なら現地(ご質問の場合なら伊勢神宮)へ
参って拝むところなのだが、それは遠すぎるので
便法として 東京でもお伊勢さんへ 参ったのと同様の効果を生む建物として
明治時代 創建されたそうです

現在広く行われている神前結婚式の歴史は、明治33年、当時の皇太子殿下(後の大正天皇)と九条節子姫(後の貞明皇后)のご成婚に始まったそうです

宮中の歴史において初めて皇居内の賢所(神前)で行われたご成婚の慶事を記念して
東京大神宮では神前結婚式を全国で初めて行ったそうです

それ以前の挙式は家庭で行うのが通例だったそうで 神前で厳粛かつ神聖な儀式を行うことは 画期的なできごととして人々の関心を集めたみたいですね(#^.^#)

また 伊勢両宮(外宮と内宮)のご祭神である天照皇大神と豊受大神 さらに倭比賣命を奉斎されていて
結びの働きを司る造化の三神が併せ祀られていることから 縁結びにご利益のある神社としても知られています

東京には「東京五社」と呼ばれている神社があり
東京大神宮はそのうちの一社です

この日は少し肌寒い日でしたが
金沢より一足はやく桜が咲いていましたよ

1056[1]

お札や縁結びのお守りが販売されていますが
お求めになられるのは女性が殆どでした(@_@)

神社挙式なら
金澤神社婚 http://jinjya.co/about.html

金澤神社婚FACEBOOKページ https://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

広告