尾山神社様へご挨拶に行ってきました

尾山神社様は
慶長4年(1599年)前田利家が没すると前田利長は その霊を祀ろうとしましたが 公然と祀るには憚るところがあったので 越中国射水郡の式内社物部神社(現 富山県高岡市東海老坂)に併祀されていた八幡神を勧請して金沢城の東に卯辰八幡社を建て ここに合祀しました

この神社は 幕末になると藩の財政が乏しくなり荒廃が目立つようになりました
明治時代になって 1872年(明治5年)に教部省出仕加藤里路(元金沢藩の権大属・宣教掛で のちに尾山神社の社司)と石川県参事桐山純孝が 新たに藩祖を祀る神社を建てる計画をします

旧藩臣が集まり前田土佐守家の前田直信が代表になり明治6年金沢城の金谷出丸の跡地に新たに建立することとなりました

元の卯辰八幡社は、明治11年、宇多須神社となっています

1873年(明治6年)3月に政府より神社創立許可が出て 同月14日に創建し 社号を尾山神社としました
同月30日に、明治4年7月卯辰山天神社に一時的に遷座していた神像を尾山神社に遷座しました

11月16日にはときの県令内田政風を始めとする官吏が参列して 卯辰山八幡宮より神霊遷座が行なわれた
当初 社格は郷社に列格され 翌年に県社に昇格しました

1873年(明治6年)11月には前田家当主前田斉泰の子の少教正・大聖寺藩知事前田利鬯(としか)が説教を行なっています
次々と境内施設が整えられていくなか、1875年(明治8年)11月に特徴的な神門が造立されることとなります
この神門はオランダ人ホルトマンの設計によるもので、長谷川準也・大塚志良の兄弟により1874年(明治7年)8月に計画され、津田吉之助によって建てられた。日本で最初の避雷針を建立時に備えました
1879年(明治12年)7月には前田利長・前田利常が相殿に祀られました

同年9月には歴代藩主を祀る境内摂社として金谷神社が創建とされています

1874年(明治7年)3月に石川県中教院が設置されました
同年5月1日には中教院神殿の祭神4柱(造化三神・天照大神)の鎮座式が前田利鬯を祭主として県令・県下神職僧侶参列の上で行なわれました

1902年(明治35年)4月26日 長年の昇格請願運動が実り 米沢の上杉神社と同時に別格官幣社に昇格している。7月3日-5日には昇格慶賀祭が行なわれました

四季で其々の顔を持つ神社ですので
お二人のお好きな季節を思い浮かべながらプランニングして頂いても
良いかもしれませんね

神社挙式なら
金澤神社婚 http://jinjya.co/about.html

金澤神社婚FACEBOOKページ https://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

広告

尾﨑神社様へご挨拶に行ってきました

尾﨑神社様へホームページの完成のご報告とご挨拶に行ってきました

尾﨑神社様は
寛永18年 前田利常の時 日光東照宮の神霊を勧請して金沢城内に社殿を造営した 
20年9月落成したので鎮座祭を執行して 別当所をおいて神護寺と名称を定めました

廃藩後 城域が陸軍省の所管となったので 明治8年4月移転することになりまして 明治11年現在地に移りました

昭和25年文部省重要文化財指定されています

朱色のとても高貴な雰囲気漂う 厳格な神社で
沢山の挙式が出来ることを楽しみにしております

神社挙式なら
金澤神社婚 http://jinjya.co/about.html

金澤神社婚FACEBOOKページ https://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

石浦神社様に行ってきました

石浦神社さんは
金沢旧五社の一つです

imgp1222-231x300

石浦神社さんは加賀国(石川県)石浦村始め七ヶ村の産土神ですので、旧藩時代には俗に石浦山王社或いは地主権現と呼ばれています

別当所を長谷山慈光院と号しました

社記によれば聖武天皇の天平11年の創建で、延喜式名帳に記載されている加賀十三座中の三輪神社は石浦神社であるといわれています

金沢城地の土地神として歴代藩主の崇敬をうけ、旧藩中家老を始め市中士民の信仰又篤かったそうです
明治元年神仏混淆禁止の際別当を廃し、同2年旧称を除き石浦神社と改称、同5年郷社に列せられました
昭和19年県社に昇格しました

金沢市最古の神社ということで 古式ゆかしい挙式をお望みの方にはピッタリの神社です

神社挙式なら
金澤神社婚 http://jinjya.co/about.html

金澤神社婚FACEBOOKページ https://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

宇多須神社様へご挨拶に行ってきました

宇多須神社さんは
金沢旧五社の一つです

本社は通称毘沙門さんと云いいます
佐和田川(今の浅野川)の辺の小丘から出た古鏡の裏面に卯と辰との紋様があったので卯辰神と呼ばれたそうです

養老2年(今から1250年以上前)多聞天社と称して創建されました
また藩祖前田利家公を卯辰八幡宮と称して祀ってあり代々藩主の祈祷所として崇敬篤かったそうです
明治に入りまして 現在の尾山神社として創建され為に遷座されました

明治2年高皇産霊社と改め、同5年卯辰社と改称しまして 33年10月2日現在の宇多須神社と改めました
そして同35年県社に昇格という歴史がある 非常に古式ゆかしい歴史が詰まった神社です

東茶屋街が近いので
挙式後 東茶屋街を練り歩くことも可能です

宇多須神社さんでの結婚式
皆様にその模様をお伝えできる日が楽しみです(#^.^#)

dscn0876-300x225

神社挙式なら
金澤神社婚 http://jinjya.co/about.html

金澤神社婚FACEBOOKページ https://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

神明宮様へご挨拶に行って参りました

神明宮結婚式

神明宮さんは
金沢旧五社の一つです
古来から神明宮と名付けられまして
全国七神明、又は三神明の一つと云われています
通称は、お神明(しんめい)さん
加賀の大社として 歴代の藩主 庶民の信仰が厚く
祓宮(はらいのみや)として知られ 春秋のあぶり餅祭は全国でも只一つの特殊な神事です
神明宮さんの左義長は金沢の左義長の元祖ということです

非常に古式ゆかしい歴史が詰まった
この神明宮での結婚式
皆様にその模様をお伝えできる日が楽しみです(#^.^#)

神社挙式なら
金澤神社婚 http://jinjya.co/about.html

金澤神社婚FACEBOOKページ https://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

大野湊神社様へご挨拶に行ってきました

大野湊神社 婚礼

大野湊神社さんは、神亀4年(727)陸奥の人、佐那(さな)が航海中に猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)の出現を感じ、海辺の大野庄真砂山竿林(おおのしょうまさごやまさおのはやし)に存していた神明社の傍らに一祠を建立し勧請したことをその創祀としている延喜式内社(えんぎしきないしゃ)です。

この神明社、即ち天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)を奉斎した社の創立年代は不詳ですが、おそらく飛鳥朝時代であると考えられています。

この猿田彦大神を合祀してより、天平元年(729)には天に達し「佐那武大明神」(さなたけだいみょうじん)の称号を賜りました。
しかし建長4年(1252)社殿が炎上したため、離宮八幡宮(現在の社地)に遷座されました。
歴代朝廷の崇敬篤く度々の造営神宝の御奉納、勅使参向もあり、武将国司の神器社領の寄進がありましたが、一向一揆の乱により社殿の荒廃甚だしかったとされています。

天正14年(1586)加賀藩主前田利家公が任国の際、社殿を再興し、社領を寄進されました。
以降加賀藩主前田家の崇敬篤く、大野庄(現在の金沢駅西地区)の総社として社殿、神器の修築や寄進を受けております。

明治5年郷社、同18年県社に昇格、同34年壱千弐百年祭が斎行されました。昭和25年壱千弐百五拾年祭、同41年神社本庁別表神社に加列されました。
平成12年には壱千参百年祭を斎行し、現在でも海と湊の安全を守護し、交通安全、厄除け等に御神徳の高い大神様として篤い信仰を集めています。
                                         (大野湊神社ホームページより)

1300年以上の深い歴史の中で
沢山のカップルが挙式をされる模様を
これからお伝えできることが
今から楽しみです

神社挙式なら
金澤神社婚 http://jinjya.co/about.html

金澤神社婚FACEBOOKページ https://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon

安江八幡神社様へご挨拶に行って参りました

0609a_0013-300x200

金沢駅にほど近い神社で
徒歩5分くらいでつける安江八幡神社へ
ホームページ完成のご報告とご案内文をお持ちいたしました

駅から近いという立地と
ホテルが立ち並ぶということもあり
挙式だけこちらで行い
ご披露宴は近くのホテルでというカップルの方も多い神社様です

昨年 お手伝いさせて頂いたカップルの方が
挙式をされた理由が素敵で
ご新郎のご両親がかつて挙式をされた神社だった
ということでした

しかも 現在は海外で活躍中
ハレの門出は
生まれ育った金沢でとうところも
とても印象的でした

かつてより
多くのカップルを見届けてきた
安江八幡神社
これからも 沢山のカップルの幸せを
ご報告できると思うと楽しみです

神社挙式なら
金澤神社婚 http://jinjya.co/about.html

金澤神社婚FACEBOOKページ https://www.facebook.com/kanazawajinjyakon#!/kanazawajinjyakon